<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 最終難易度へ突入 | main | ねぇ、コレ良くねぇ? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
黒き荒神に堕ちたる竜胆
「氷の眼差し」にてプリティヴィ・マータを倒し、無事ブレンダンも救出できて安堵に包まれるアナグラの面々。多少はお金も貯まって来たので、ちょい前にいくつか追加された服を作ってコーディネートしてみる。

最初は完全に好みで上下を選んでいたんだけど、色々考えているとコレもいいなぁと意外な組み合わせが見つかったりして楽しい。スイーパーのトップス(ロングコート)は中二心をくすぐられていいね。すれ違いの時に着せようかな。

「蛍」は狭い地下街でデカブツ2体同時なので、いくら良バランスのGEBでも厄介な組み合わせ。E・F間の細い通路でアネットが死んでしまったので、リンクエイドしに行ったら自分も死んでしまったり。壁を擦り抜ける尻尾回転攻撃はズルイよなー。

ボルグ・カムランはいつまで経っても苦手な相手だなぁ。平原なんかではわりかし上手く立ち回れるんだが、狭くて視界も制限される地下街ではどうにも下手くそプレイになってしまう。単体ならまだしも、複数討伐だとどっから尻尾が飛んで来るか。

帰還すると、今度はタツミ・シュン・カレルの極東3バカトリオの退却支援要請が。レンが早くタツミたちを助けないと手遅れになってしまうと意味深な発言を。もう完全に人間じゃないよね…。

フリーミッションをやってからにしようかと思ったけど、早く行かないとヤバイかもしれないので続けて「王の密会」を受注。サリエル系は無印ではバスターで行ってたんだけど、それだとピター戦がキツそうなのでヒット&アウェイが容易なショートで挑んでみた。

数回斬りつけて即離脱の戦法が上手くいき無事クリアすると、3バカのイベントムービーが挿入。黒いハンニバルの登場、タツミのピンチに主人公のように現れる主人公、そしてアラガミ化してしまったリンドウと衝撃の一幕。

その件をツバキさんとサカキ博士に報告するも、レンは黒ハンニバルがリンドウだと断定し主人公も確信する。そして、彼を倒せるのは主人公しかいないとも。その討伐任務はレンと2人だけ。

そろそろクライマックスだし、こりゃ装備を万全にしてから挑まんとキツそうだな。
| GEB | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | - | - | pookmark









トラックバック機能は終了しました。